• お知らせ
  • 第1回アイデアソン&IT入門セミナー開催報告

2017年度 豊橋3大学学生まちづくりハッカソンの開催が決定しました!

2017年度 豊橋3大学学生まちづくりハッカソンホームページ

第1回アイデアソン&IT入門セミナー開催報告

6月18日(土)に,愛知大学豊橋校舎にて,第1回まちづくりアイデアソン&ITセミナーが開催されました。
まちづくりに関心のある学生,プログラミングができる学生,男子学生,女子学生,留学生,地元出身学生,他地域出身学生,と,様々なバックグラウンドを持った学生16名(愛知大学:4名,豊橋創造大学:3名,豊橋技術科学大学:9名)が参加しました。
まずはAからDまでの4つのグループ分けおよび自己紹介ののち,今回のゲストである(株)ギブリーの村上友章氏より,まずはハッカソンとは何か,どんなことができるかなど,新しいテクノロジーを用いて地域の課題にチャレンジする事例紹介などをいただきました。
つづいて,マンダラートのシートを用いて,まずは個人的なアイデアを出していく個人ワークを行いました。「豊橋のまちづくり」をキーワードとして,8つの関連キーワードを書き,さらにその関連キーワードを埋めていきます。
 
その後,アイデアのシェアを参加者同士で行いました。実行委員のメンバーやオーディエンスも加わり,グループを超えて,世代を超えて,国境を超えて,アイデアを共有していきました。
その次は,「IT入門セミナー」として,豊橋市のIT企業である(株)マップクエストおよび(株)ウェブインパクトより,それぞれアイデアソンやハッカソンに有用なツールやWebサービスの紹介がありました。今回のアイデアソンにはいわゆる工学系だけでなく人文社会系の学生も参加していますが,プログラミングなどに習熟していなくても利用できる便利なツールやウェブサービスがあることを知っていただきました。
なお,(株)サイエンス・クリエイト内に設置されているメイカーズ・ラボとよはしにも全面的に協力いただけることで,デジタル工作機械を自由に使える環境も整っています。
最後のグループワークとして,それぞれが出したアイデアやシェアによって新しくイメージで来たアイデアをもとに,各グループごとにテーマ(まちの課題)およびアイデア,対象(誰が課題を抱えているのか),実現に必要なこと,解決のためのアイデアなどをアイデアシートとしてまとめていきました。今回のアイデアソンは質よりも量を重視し,アイデアシートをできるだけ多く書いていくことを目標として進めていきました。
例えば,
・子育て中の主婦を対象としたトイレ清潔度マップ
・皆がスムーズに昼食を済ませられるように学食の混み具合の可視化
・市内で交通事故が会った場所に豊橋妖怪を立たせて子供に注意を促す
.豊橋市の企業と学生をつなぐ場づくり
など,非常にユニークなアイデアが合計20以上も出ました。
最後に,全員でアイデアシートを見て回り,一人3票を持ってそれぞれが良いと感じたアイデアシートに投票していきました。
 
投票の結果,最優秀賞(最多得票)はDチームとなりました。副賞として,豊橋駅前のホテルアークリッシュ最上階の高級レストランに利用できる商品券が送られました。ぜひ,美味しいものを食べながら豊橋のまちを眺めつつ,これからのまちの活性化のアイデアを考えてくれればと思います。
また,残り3チームもそれぞれ優秀賞や豊橋商工会議所,(株)マップクエスト,(株)ウェブインパクトからの賞を受賞しました。
これを皮切りに,豊橋市でもアイデアソン&ハッカソンが始まりました。次回(7/2)の第2回アイデアソン&ITセミナーに向けて,随時参加者を募集中です。ぜひ,地元大学生の皆さん,参加してみませんか?