豊橋三大学連携まちづくり委員会

2017年度 豊橋3大学学生まちづくりハッカソン アイデアソンを開催しました!

8月10・11日にかけて、豊橋3大学学生まちづくりハッカソン アイデアソンを開催しました!
今年は、愛知大学・創造大学・技術科学大学から30名、その他大学から3名の、合計33名の参加がありました!
●8月10日

1日目は10時集合で開始しました.
33人(愛知大学9名,豊橋技術科学大学20名,大同大学1名,名城大学1名,慶應義塾大学1名)の参加者が集まりました.
主旨説明の後,司会を村上さん((株)ギブリー)に交代し,Ice Breakingとして,参加者それぞれが「豊橋について持っているイメージ」を紙に書いて紹介し合いました.参加者は豊橋市出身以外の人も多く,また,それぞれ文系,理系など専門分野も異なるため,様々なイメージがあったようです.
その後,豊橋市の街について活動されている方々から,4件の招待講演がありました.
招待講演では、seboneプロジェクトの木下さん,豊橋市まちなか活性課の中村さん,豊橋市こども未来政策課の小野さん,豊橋市長寿介護課の桑原さんから、それぞれ豊橋で行われている活動や豊橋市が抱えている状況についてのお話を聞かせて頂きました.
招待講演の後は、軽食をとりながら各グループ(今年は各グループ5~6名くらいで,6グループでした)でフィールドワークでのテーマを決めました.各グループにはメンターとして,豊橋市での活動を行なっている方々,および,IT企業の方々それぞれ1人づつつき,参加者はメンターの方と相談しながらテーマを決めていました.
その後,テーマに基づいてメンターの方と一緒にフィールドワークを行いました.グループ毎に行き先は違いましたが,豊橋の駅前に行ったグループが多かったようです.
フィールドワークでは,「まちなかポイポイ」というツール(写真をGPS情報と一緒に記録して,後に地図上で写真とその時のコメントを可視化するツール.WebImpact社提供)を利用して記録を取りました.
フィールドワークの報告会では,各グループがフィールドワークで行なって街中で見つけた問題点や、体験したこと,感想などをグループ毎に報告しました.駅前のペデストリアンデッキや地下駐輪場,観光案内所,市役所や水上ビル周辺など,グループ毎に様々な場所を見てきたようです.中にはメンターの方が交渉し,役所の人の話や観光案内所の人の話を聞いたり,普段では見過ごしてしまうような場所を案内してもらったグループもあったようです.
フィールドワーク報告会を終え,いよいよお待ちかね,BBQです!
運営委員の人達が沢山のお肉を供給してくれました.
BBQをしながら,メンターや参加者で親睦を深めるとともに,各グループでフィールドワークの時の話や,提案するサービスについての相談などをしている人達もいました.
また,今回は愛知大学内の合宿所で合宿を行ないましたが,夜遅くまでサービスの相談をしていたグループもあったようです.
●8月11日

2日目は9時から開始しました。
合宿所であまり眠れなかった人も居たようで,眠そうな顔をしている人もチラホラ…….
早速アイデアを纏めるために,議論を始めました.
まず,昨日のフィールドワークの結果をもとに,「どのようなサービスを提案するか」というラフ・スケッチをまとめて発表しました.
グループ内のコミュニケーションツールとしてSlackの登録や,作品公開のためのHacklogへの登録の案内があった後,アイデアソンに突入しました.
まず,グループでまとめたアイデア一旦横に置いておき,今度は個人でのアイデ出しを行いました.付箋でフィールドワークで見たもの,感じたことを書き出し,フィールドワークでの情報の再整理を行ないました.また,整理した情報をもとに,個人毎にアイデアシートの作成を行ない,最後にチームで再度アイデアをまとめました.この作業にはメンターの方々も加わり,大変盛り上がりました.
この作業の後,アイデアを具体化するため,サービスのイメージを紙に書き出し,グループでまとめました.朝発表したアイデアをそのまま進めるチームがある一方で,まとまりかけたアイデアがバラバラになるチームもあり,参加者では活発な議論が行なわれていました.「結果的に朝にまとめたアイデアと変わってしまっても構わない」という形で,アイデアの再構成を行ないましたが,新しいアイデアを発見したり,チーム間で意見をすりあわせるのに,これらの作業は非常に役立ちました.
お昼を挟んで,NTTドコモの町口さん,蔵原さんからNTTドコモの技術についての招待講演を戴きました.デモ機材も持ち込んで戴き,ロボットやVRの体験もさせて戴きました!
また,続けてCode for MIKAWA/(株)ウェブインパクトの木村さんから,オープンデータ,および,豊橋市のオープンデータプラットフォーム(Open Data TOYOHASHI)についての講演を戴きました.
招待講演の後,各チームでアイデアをまとめる作業を続けました.
各チーム,大分疲れも見えてきましたが,メンターの方々の協力もあり,最後まで頑張りました.
●最終発表!

いよいよ各チーム最終発表となり,各チームで相談したアイデアを発表しました.

・チーム名:わんぱくなごやか
  「わんぱく2189」システムを提案.わんぱく通りにおける各店舗の空席情報を一括して検索できるようにする.ある店が満席だったとしても近隣の店舗の案内や,近隣店舗の二次会での利用の促進,(わんぱく通り全体での)店舗情報の一括広告を狙う.

・チーム名:いぬとしか
 「とよさら」システムを提案.とよ(はしまる)さらの略.「まるさら」とは「まるごと」の意味の三河弁.子供が楽しめる施設やイベントを一括して掲示,および,push通知するサイトを設置.口コミ情報をまとめると共に,スタンプラリーなどを行なう.地域通貨「とよマネー」を導入して施設やイベントへの参加を促す.

・チーム名:動物の館
 「豊橋チャリマップ」システムを提案.自転車の利用者向けに安全な道や,景色が良いなど通っていて楽しい道の情報を収集,共有する.事故の軽減や自転車の走りやすさの改善を狙い,自転車で街へ出る人の増加を狙う.また,自転車目線の情報を自動車運転者に提示し,さらなる事故の軽減を狙う.

・チーム名:トヨカレ
 駅に誰でも書き込めるソーシャル掲示板を設置することを提案.ネット経由でも,ネットを使って居ない人でも書き込めるよう手書きでも投稿できるようにする.災害時の連絡手段としても提供.新しいコミュニティの形成を狙う.

・チーム名:ASKKEY
 既存のまち情報掲示ツールである「豊橋まちなか情報ステーション」や「てみりん」の情報を一元化する「ユーザ参加型リンク集」を提案.イクメンや主夫/主婦など,ユーザをカテゴリ分けし,ユーザカテゴリ毎にランキングし,ユーザが自信と同じような人達が注目する情報を得られやすいようにする.

・チーム名:Links
 自動的に観光プランを作成してくれるアプリを提案.「自然散策」「城巡り」「グルメツアー」など,ユーザが行ないたい観光内容と開始場所・時刻,終了場所・時刻を設定すると,観光ルートを自動的に生成する.スタンプラリーやクーポンと連動させ,市内外からの街巡りを行なう人の増加や利便性の向上を目指す.
 
全体的に「街中で色々なイベントが行われているのに対し,告知がうまく行なわれていない」ということに着目したアイデアが多くありました.
●表彰式

表彰式では下記のよう,各賞の受賞が発表されました!

<マップクエスト賞>
 動物の館

<ウェブインパクト賞>
 わんぱくなごやか

<豊橋商工会議所賞>
 いぬとしか

<最優秀賞>
  Links

講評として,「すこしできる事を意識しすぎてしまった感がある.最終報告では新しいアイデアを盛り込んで『もう一歩先』を目指して欲しい」というコメントもありました.
これから,10月1日の成果発表に向けて各チーム頑張っていきます!

ご協力戴いた方々(継承略)

<ファシリテータ>
村上友章((株)ギブリー)
鈴木まなみ

<メンター>
本多 洋介((株)サーラコーポレーション)
彦坂 太郎((株)サーラコーポレーション)
石鍋 雄一郎((株)サーラコーポレーション)
小川 直哉(豊橋駅前大通二丁目地区市街地再開発組合)
清水 崇文(三井住友銀行)
木村 博司((株)ウェブインパクト)
辻 大地((株)ウェブインパクト)
社本 明弘((株)Shaxware)
渡邉 啓介((株)マップクエスト)
澤田 貴行((株)マップクエスト)
植木 皓大((株)マップクエスト)

<招待講演>
森下かおり(seboneプロジェクト)
木下博貴(seboneプロジェクト)
中村 紀彦(豊橋市)
小野 健太郎(豊橋市)
桑原 裕明(豊橋市)
町口 由貴子((株)NTTドコモ)
蔵原 正和((株)NTTドコモ)
木村 博司((株)ウェブインパクト)

<運営・後援など>
主催:豊橋三大学連携まちづくり委員会
後援:豊橋商工会議所,豊橋市
協力:(株)マップクエスト,(株)ウェブインパクト,(株)Shaxware,(株)サーラコーポレーション,(株)タスキ,(株)NTTドコモ,(株)サイエンス・クリエイト(メイカーズ・ラボとよはし)
※本イベントは平成29年度豊橋市オープンデータワークショップ等開催費補助金の助成を受けて実施しています.
※本イベントはMashup Awardsの協力を受けて実施しています.